学会活動と対外活動について
その他の対外活動
糖尿病や他の生活習慣病の予防と治療のための企画・運営に積極的に取り組んでいます。
 ・船橋市医師会や船橋市の委託による各種健康増進講座
 ・糖尿病分野における地域活動

 ・NPO法人「生活習慣病防止のための市民と医療者の会(愛称:小象の会)」
など。
学会活動
 
主に糖尿病において多数の患者さんから得られた診療データを解析し、院内の診療レベルの向上に役立て、結果は通院されている患者さんに公表するようにしています。
 
また、全国の糖尿病診療をリードしている医療機関で構成している「(中間法人)日本データマネージメント研究会」に属し、糖尿病の疫学研究にも寄与しています。このことに関して、患者さんの大切なデータは個人情報に基づき、決して個人が特定されない形で処理され、さらに外部有職者を含む倫理委員会の目でチェックされ、適切に運用されています。
いろいろな医学系学会や研究会で発表していますが、その目的は・・・
 ・診療内容が独りよがりにならないように他の医療者から評価・査定を受ける
 ・他の医療施設にノウハウを伝え、地域の診療レベル向上と医学の発展に寄与することです。